新型コロナウイルスの感染拡大の長期化を受け、契約締結を電子契約のみとさせていただきます。

株式会社マチマチ

2020年4月30日


株式会社マチマチは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて全社員が原則在宅勤務体制に移行しております。現在の状況が長期化すると考えられる中で、契約業務等の捺印のために出社対応している状況を受けて、以下の方針を決定いたしました。


■ お取引先とのご契約は電子契約のみとする 

※ 法務局、金融機関等への提出書類において捺印を必要とする場合を除く。

この方針に基づき、お取引先企業へ電子契約の利用を要請して参ります。

電子署名による契約締結が難しいお取引先につきましては、権限者による署名およびPDF の交換で契約を締結する対応とさせていただきたくお願い申し上げます。


方針導入の背景

近年、働き方改革にともない、紙で取り交わされた契約書を電子化(ペーパーレス化)する「電子契約」の導入が進みつつあります。電子契約は、スピーディーかつもれなく書類作成・回収できるうえ、通常2~3週間かかっていた契約締結までの業務を最短数分に短縮できることから、急速に拡大していくとみられています。その一方で、契約業務における商習慣としての印鑑の文化はまだ根強いのも現状です。

弊社では、不要不急の外出の自粛が求められている緊急事態にありながらも、出社対応が求められる現状を変えていくべく、この度、上記の方針を決定いたしました。


関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後も社内外への感染被害抑止と従業員の安全確保を最優先に、取り組みを進めて参ります。