厚木市の「あつぎ地域SNS」の後続サービスとしてマチマチが選ばれました

12月23日に行われた厚木市の定例記者会見にて、厚木市の地域に関する各種サービスをオンランで提供してきた「マイタウンクラブ」のリニューアル事業が発表され、厚木市が独自に運営する会員制のコミュニティ空間「あつぎ地域SNS」の後続サービスとしてご近所SNS「マチマチ」が選ばれました。

「あつぎ地域SNS」は公共施設予約システムなどのサービスを統合した「マイタウンクラブ」の1つの機能として平成20年にサービスを開始。地域の住民同士での趣味を通じた交流やブログ等での情報発信の場として利用されてきました。しかし、スマートフォンの普及等による社会の変化などに伴い、操作性などへの対応が課題となっていました。

それを受け、厚木市は「マイタウンクラブ」の全面リニューアルを実施。その1つとして、「あつぎ地域SNS」を終了し、新しいサービスとしてマチマチを活用していくこととなりました。

▲マイタウンクラブリニューアル概要(報道資料より抜粋)

株式会社マチマチ

株式会社マチマチは「近所のつながりをつくる」というミッションを達成するために、ご近所SNSのマチマチを運営しております。